戦国覇王

ルール説明

​場の見方

1.自城エリア・・・あなたから見て一番手前に位置するエリア。

2.中央エリア・・・自城エリアと敵城エリアの間に位置するエリア。

 

3.敵城エリア・・・あなたから見て一番奥に位置するエリア。

4.城門・・・自城エリアと敵城エリアに一つずつ存在する。

5.自城マス/6.中央マス/7.敵城マス・・・それぞれのエリアの横列5マス。

8.自城ゲージ

9.国力ゲージ

10.捨札

​11.山札

​カードの見方

武将カードの状態説明

1.国力コスト

2.武将名

 

3.兵種

 

4.イラスト

 

5.テキスト

(特技・能力・カード番号)

 

6.武力

 

7.体力

​武将カードの状態には2種類ある。

 

 

 

 

待機状態-縦向き

出陣させた時の状態。移動回数を持っていれば移動できる。

疲弊状態-横向き

疲弊状態の武将カードは移動できない。右に倒す。

兵種(特性)について

      

  騎馬隊-機動力に優れており、移動回数が2回まで。また特技【突撃】を持ち、高い攻撃力を持つ。

  槍足軽-高いスペックを持ち、移動回数が1回まで。特技【制圧】で盤面を制圧し、戦況を優位に運ぶことができる。 また騎馬隊の動きを抑制する。

  

  鉄砲隊-遠距離攻撃を得意とし、移動回数が1回まで。特技【射撃】で自分または相手のターンのメインフェイズ中で離れた敵武将にも ダメージを与えることがで                               きる。

​特技

【突撃】…この武将が移動したマスに敵武将がいる場合、その敵武将を対象とする。それにこの武将の武力の半分のダメージを与える。(小数点以下は切捨て)

【制圧】…この武将の縦横1マスに入ってきた敵武将を対象とする。それにこの武将の武力の半分のダメージを与え、それが騎馬隊なら疲弊状態にする。(小数点以下は切捨て)

【射撃】…この武将を疲弊状態にする。それにこの武将の武力の半分のダメージを与える・(小数点以下は切捨て)

【舞】X…この武将を手札から場に出す場合、国力Xを支払って場に出してもよい。そうした場合、疲弊状態で場に出し【舞】の能力を持つ。この武将は準備フェイズに待機状態にならない。

【奥義】…この武将を手札から場に出す場合、国力12を支払って場に出してもよい。そうした場合【奥義】の能力を持った状態で出陣する。【奥義】は試合中に1度だけしか使えない。

 

 

〈闘魂カウンター〉

武将の能力や[限界突破]をした際に乗せるカウンターで個々の武将カードに最初にカウンターを置く時にはカード上にダイスを1の目を置く。以降はダイスの目でカウンター数を表している。闘魂カウンター1つにつき、武力+1/体力+1する。

プレイヤースキル[限界突破] 

各プレイヤーは、1ターンに1度、メインフェイズ中にあなたの場にいる武将と同じ名前の武将(同カード番号)を手札から捨札に送ることで発動することができる。その武将に闘魂カウンターを1つ乗せ、山札から1枚引く。このプレイヤースキルは相手のメインフェイズでも発動することができる。

ダメージカウンター

武将の特技や能力、乱戦等に武将がダメージを受けた場合に武将カード上に乗せるカウンターで、カウンター1個につきダメージ1点となる。蓄積ダメージで武将の体力が0以下になるとその武将は撤退する。

撤退

武将の体力が0以下になること。撤退した武将は場から捨札に送られる。

エクステンデッドフォーマット

・30枚で構築し、デッキには同じ名前の武将カード(同カード番号)は、4枚まで入れることができる。

準備

⑴場をセットする。

⑵互いに管理マーカーを自城ゲージ7と国力ゲージ0に置く。

⑶闘魂カウンター(ダイス)とダメージカウンターを用意する。

⑷デッキ30枚をシャッフルし、山札に置く。

⑸互いにダイスを振り、出た目が大きいプレイヤーが先攻・後攻を選択する。

⑹山札から3枚引き、不要なカードを好きな順番での山札に戻し、戻した分だけ引き直す。

 (これを先攻プレイヤーから行う。)

勝利条件

先に相手の自城ゲージを0にした方が勝利する。

ターンの流れ

壱.準備フェイズ

・国力を5つ得る。(国力ゲージの管理マーカーを5マス移動させる。)

※国力ゲージは最大値12で、それを超えて国力を得ることはできない。

・疲弊状態の武将を待機状態にする。

・移動回数を回復する。

・準備フェイズに処理する能力がある場合は処理を行う。

弐.ドローフェイズ

(先攻プレイヤーの最初のターンはこのフェイズをスキップする。)

・山札からカードを1枚引く。山札がない場合はあなたの捨札をシャッフルし、それをデッキとし、1枚引く。

 その後あなたは攻城ダメージ1点を受ける。

参.メインフェイズ

メインフェイズ中には以下のことを行うことができる。

出陣(手札の武将を場に出す。)

手札の武将を1枚を選ぶ。→その武将の国力コストを払い、あなたの武将がいない自城1マスを指定し、カードのプレイを宣言する。→その武将を場に出す。

※あなたの同じ名前の武将は場に1体しか存在してはいけない。(敵の同じ名前の武将は含まない。)

移動

待機状態の武将が、移動回数分まで移動を行ってもよい。

(騎馬隊・2回まで、槍足軽と鉄砲隊・1回まで。)

※1つのマスにあなたの武将は1体しか存在することができない。

 

 

・移動方法

待機状態のあなたの武将の移動回数を1回消費する。→縦横隣接する1マス(斜めは含まない。)を

指定し、移動を宣言する。→移動する。

能力の発動

武将の能力を発動することができる。

例)雑賀孫市:この武将の闘魂カウンターを1つ取り除く:この武将を待機状態にする。

特技の発動(【突撃】・【制圧】・【射撃】)

条件が揃うと発動する。【射撃】に関しては任意で行え、相手のターンのメインフェイズ中でも発動することができる。

●プレイヤースキル[限界突破](各プレイヤーはメインフェイズ中に行うことができる。) 

乱戦(条件が揃うと発生する。)

同じマスに自分と相手の武将がいる状態となった場合、特技や[限界突破]の処理があれば、それらを行った後に乱戦が発生する。互いに自分の武力を相手の体力に与え、数値分のダメージカウンターを乗せる。どちらも体力が残る場合は≪一騎討ち≫を行う。受けたダメージはターンが移っても蓄積される。

※≪一騎討ち≫…互いにダイスを振り、数字が大きい方が勝ちとなり、負けたプレイヤーの武将は撤退する。

割込み

メインフェイズ中の行動に対して割り込むことができる。

割込みには、強制割込みと任意割込みがある。

・強制割込み

【制圧】は条件に沿って強制で割込みが発動する。

【射撃】や[限界突破]が行えたとしても【制圧】を優先しなければならない。

・任意割込み

【射撃】と[限界突破]は相手が行動をした時に割込みすることができる。割り込んだ行動は後から宣言したものから逆順解決する。

割込みに更に割り込むこともできる。その為、たくさんの割込みが積まれることがあるが、あくまでも最後に割込みが宣言されたものから逆順解決する。なお、解決途中に対しても割込むことができる。

また、相手が優先権を放棄した際も相手が行動したものと同様の扱いとする。

例)お互いに射撃をした場合。

アクティブプレイヤーの鉄砲隊武将が射撃を宣言したところに非アクティブプレイヤーの鉄砲隊武将も射撃を宣言した。逆順解決に従って非アクティブプレイヤーから射撃をする。そこでアクティブプレイヤーの鉄砲隊を撤退させた(射撃武将の武力が6に対してダメージを受ける武将の体力が3で射撃を受けた)場合、解決途中であるアクティブプレイヤーの射撃も発動するが射撃する鉄砲隊は既に撤退しているので射撃ダメージは0として扱われる。

肆.攻城フェイズ

(先攻プレイヤーの最初のターンはこのフェイズをスキップする。)

敵城エリアにいるあなたの武将は攻城ダメージを与える。この時、敵城マスにあなたの武将がいた場合は1点、敵の城門にあなたの武将がいた場合は2点となる。その後、ダメージを受けたプレイヤーは受けたダメージ分の自城ゲージが減り、同じ数値分の国力を得る。

(上限を超えて国力を得ることはできない為、国力ゲージ最大値の12までしか得られない。)

伍.終了フェイズ

終了フェイズに行う処理がある場合は処理を行う。

ターンを終了し、相手のターンへ移る。

優先権について

優先権とはプレイヤーがカードをプレイしたり、能力を発動したりする権利を指す。

例)アクティブプレイヤーのメインフェイズの優先権を放棄する場合、非アクティブプレイヤーが優先権を獲得する。非アクティブプレイヤーは優先権を使い、鉄砲隊の【射撃】能力やプレイヤースキル[限界突破]等を発動することができる。それに伴い、アクティブプレイヤーが再び優先権を獲得する。お互いに優先権を放棄した場合、メインフェイズが終了し、次のフェイズに移る。

カジュアルフォーマット

⑴  武将カード30枚を裏向きでよくシャッフルし、1束5枚を6束作る。

⑵  互いに1束ずつを選び、自分の束だけ内容を確認する。

⑶  確認した5枚のカードから1枚ピックし、相手に見えないように裏向きで手元に置く。

⑷  互いにピックした後、互いの束を交換する。⑶同様にピックし、これをカードがなくなるまで行う。

⑸  互いの束がなくなったら、残りの4束から互いに1束ずつ選ぶ。

⑹  ⑶と⑷を繰り返していくと6つの束が全てなくなる。

⑺  ピックした15枚の中から10枚を選び、それをデッキとする。

     ・基本ルールは『エクステンデッドフォーマット』と同様。

用語集

山札…構築したデッキを裏向きに置く場所。

捨札…撤退した武将カードを置く場所。

管理マーカー…国力コスト・自城ゲージを数字を示すために場の上に置かれているマーカー(おはじき)

アクティブプレイヤー…現在、ターンを進行中のプレイヤー

非アクティブプレイヤー…アクティブプレイヤーの対戦相手のプレイヤー。

〔出陣時〕…あなたの手札から武将を場に出した時。

〔常時〕…この武将が場にいる限り発動している。(発動できる状態であること)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now